~農業界×大学生の就活情報サイト~

農業界地図ロゴ

農業界の業種一覧 >農業生産

農業界の業種一覧

農業とは?

 「農業」とは、「土地を利用して作物の栽培または家畜の飼養を行い、人間にとって有用な生産物を生産する経済活動であり、そのような活動を行う産業」(世界大百科事典 第2版より)です。

分類

作目等により下記のように分類されています。
総務省 日本標準産業分類(平成25年10月改定)(平成26年4月1日施行)-分類項目名 より

耕種農業 米作農業、米作以外の穀作農業、野菜作農業(きのこ類の栽培を含む)、果樹作農業、花き作農業、工芸農作物農業、ばれいしょ・かんしょ作農業、その他の耕種農業
畜産農業 酪農業、肉用牛生産業、養豚業、養鶏業、畜産類似業、養蚕農業、その他の畜産農業
農業サービス業(園芸サービス業を除く) 穀作サービス業、野菜作・果樹作サービス業、穀作,野菜作・果樹作以外の耕種サービス業、畜産サービス業(獣医業を除く)
園芸サービス業 園芸サービス業

※それぞれの詳細は 【大分類A-農業,林業 総説】 より確認できます。

様々なデータ

 農業の問題として「農業者の高齢化」「儲からない」などの課題が上げられる一方、「ビジネスチャンスがある」「農業で儲ける」「農業法人の社員まで入れると平均年齢は下がる」といった意見も多くみられます。ここではそれらの意見をデータから見ていきたいと思います。

農業者数と平均年齢

ここでは、「基幹的農業従事者」のデータを示します。
※「基幹的農業従事者」とは、「自営農業に主として従事した世帯員(農業就業人口)のうち、ふだんの主な状態が「主に仕事(農業)」である者」を指します。

平成 2年 7年 12年 17年 18年 19年
人数(千人) 2,927 2,560 2,400 2,105 2,241 2,024
 うち65歳以上 783 1,018 1,228 1,287 1,205 1,178
 平均年齢(歳)
20年 21年 22年 23年 24年 25年 26年 27年 28年
1,970 1,914 2,051 1,862 1,778 1,742 1,679 1,754 1,586
1,172 1,157 1,253 1,101 1,060 1,067 1,056 1,132 1,031
66.1 65.9 66.2 66.5 66.8 67.0 66.8

【参考・引用】
・農林水産省 平成26年度 食料・農業・農村の動向 参考統計表
 http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h26/pdf/26_tokei.pdf
・農林水産省 農業労働力に関する統計
 http://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/data/08.html

新規就農者数

ここでは「新規就農者」のデータを示します。「新規就農者」とは、「新規自営農業就農者」「新規雇用就農者」「新規参入者」のいずれかに該当する者を指します。

※それぞれの区分の詳細は、 【農林水産省 農業労働力に関する統計】 および 【農林水産省 平成26年度 食料・農業・農村の動向 参考統計表(p3)】 よりご確認ください。

平成 21年 22年 23年 24年 25年 26年 27年
新規就農者(千人) 66.8 54.6 58.1 56.5 50.8 57.7 65.0
新規自営農業就農者 57.4 44.8 47.1 45.0 40.4 46.3 51.0
新規雇用就農者 7.6 8.0 8.9 8.5 7.5 7.7 10.4
新規参入者 1.9 1.7 2.1 3.3 2.9 3.7 3.6

 上記データのうち、平成27年 新規就農者の年齢割合のデータは下記の通り。

年齢割合から考えると、最も人数の多い「新規自営農業就農者」は、定年後に家業を継ぐケースも多いと予測されます。一方、「新規雇用就農者」「新規参入者」は、49歳以下の若い人の割合が多いことから、「仕事として農業を選んでいる」ケースが多いと予測されます。

家族経営と法人経営(農業法人)

 農業の経営体は、家族経営体と法人経営体(農業法人)の大きく2つに分けられます。

 農業法人とは?
 農業法人とは、法人形態で農業を営む経営体の総称で、大きく会社法人(株式会社、合同会社、合資会社、合名会社)と 農事組合法人に分かれます。その中でも農地を所有できる法人を「農地所有適格法人」(旧:農業生産法人)と呼びます。
 なお、農地所有適格法人は、平成28年現在で 16,207法人 にのぼります。

【参考】
・公益社団法人日本農業法人協会 農業法人と農地所有適格法人(農業生産法人)
 http://hojin.or.jp/standard/what_is/what_is.html
・農林水産省 農地所有適格法人の農業参入について
 http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/sannyu/28_tekikaku_houzin.pdf

 一般企業等の農業参入
 平成21年の改正農地法により、一般企業等が農業へ参入しやすくなりました。近年では、セブン&アイHDやローソン、イオン等の大手企業が農業に参入するなど変革が起きています。ローソンやセブン&アイは地域農協や農業法人等と連携し生産を委託していています。イオンは農家に委託せず、子会社であるイオンアグリ創造株式会社の社員が生産を行うことで農業のSPA化を目指しています。
 なお、一般企業等の農業参入数は、平成28年6月末現在で 2,222法人 にのぼります。

【参考】
・農林水産省 企業等の農業参入について
 http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/sannyu/kigyou_sannyu.html

農業を仕事にする

農業を仕事にする場合は、
 ・「家業を継承する」 (農家子弟、または、結婚による継承など)
 ・「農業法人に就職する」または「農業参入している一般企業へ就職する」 (社員として雇われる)
 ・「新たに農業を始める」 (新規参入、または第三者経営継承による事業承継など)
の大きく3パターンが考えられます。

 ご自身の実家が農家か非農家か、就農したい地域や生産したい作目が決まっているか、社員として働きたいか新規就農(起業)したいのか、将来の夢が決まっていてそれに向けてのステップとなるのか、等によって選択方法や相談場所も変わってくるので、まずは自身の状況や将来の夢を考えてみましょう。

農業者・農業企業インタビュー

実際に働いている方々はどのような仕事をし、どのような想いがあるのでしょうか?
インタビュー記事を読み、ご自身の考えも深めてみましょう!


 「繁殖技術を活かして家業を発展させる!」
   畜産農家 熊田貴智さん

大規模な畜産経営を展開する株式会社ジェイイーティファームでの社員時代に、ご実家が畜産農家の女性(同社員)と結婚し、婿入りした熊田さん(31)。畜産への意気込みや今後の目標を伺いました!



 【新規就農者に聞きました!】
   就農のきっかけ&目標!

「みかん農家になる!」と決意し、真穴地区(愛媛県八幡浜市)で新規就農された松山寛さん(32)と加屋本一輝さん(33)。就農のきっかけや目標を、真穴共選の皆さまと一緒に伺いました。



 〝農とつなげる〟チャレンジは続く!
   【柴海農園 代表 柴海祐也】

「跡継ぎだからする農業」から「農業が好きな人が農業をする時代」にしていきたい。そう話すのは、柴海農園 代表 柴海祐也さん。無農薬と旬にこだわる柴海さんに、就農のきっかけや農業への想いをお聞きしました!



 信頼される茶師を目指す!
   【有限会社東阜 横田園 6代目 横田貴弘】

茶業に魅力を感じ、家業を継いだ横田さん。「まだまだ手探り状態ですが、お客様に喜ばれるお茶を作り出していきたい」と語る横田さんに、具体的な仕事内容や茶業への熱い想いを伺いました!



 牛がしっかり応えてくれる。それが酪農の魅力!
   【(有)広野牧場】

「手間をかけた分、牛が応えてくれる。成果が見えやすく、やりがいも大きい仕事です!」 活き活きと酪農の魅力を語る(有)広野牧場のスタッフの皆様に、酪農を仕事に決めたきっかけや魅力を伺いました!



 採用ポイントは、想いとチーム力!!
   【株式会社れんこん三兄弟】

家族経営体から法人化して5年目となる株式会社れんこん三兄弟。「家族経営の延長線上ではなく、農業をやりたい人たちが心配なく入ってこられるような会社を作ることが一つの目標」と話す同社社長 宮本貴夫さんに、教育方針や採用ポイントについて伺いました。



 モチベーションの高さが何より重要!
   【イオンアグリ創造株式会社】

大幅なスケジュール変更があった2016年卒の就活。その影響を採用する側はどのように捉えているのでしょうか?今回は、大規模農業を展開するイオンアグリ創造株式会社の採用教育マネージャー萱野佑典さんに伺いました。



 有限会社穂海農耕/株式会社穂海 丸田洋
無知から新規就農し、今では稲作のみで100ha以上もの規模を誇る有限会社穂海農耕。視野を広く持ち、チャンスを掴んだ農業経営について、代表 丸田さんにお聞きしました!



 酪農は天職!牛アレルギーでも諦めたくない!
   【森林ノ牧場株式会社 清永美香】

高校時代に酪農に魅了され、栃木県農業大学校へ進学。その頃、牛アレルギーが発症するも「酪農の道を諦めたくない!」と思い、在学中から決めていた海外研修へ行き、その後、森林ノ牧場株式会社へ就職した清永さん。就職までの道のりや酪農への想いとは?




その他、企業紹介
(株)サラダコスモ 無農薬・無添加・無漂白のもやし、スプラウト、ちこり等の新鮮な野菜を工場で栽培し、全国へ販売している。新規事業としては教育観光型生産施設を立ち上げ、農業の活性、食糧自給率向上、高齢者の雇用、地域活性化に積極的に取組んでいる。
[公式サイト] http://www.saladcosmo.co.jp/
(株)村上農園 芽物野菜・新芽野菜・発芽野菜のパイオニアであり、「生命(いのち)を守る、農ビジネス」をテーマに掲げるトップカンパニー。豆苗、かいわれ大根、ブロッコリースプラウトなど、スプラウト野菜を生産する新しい農業を展開している。有用成分を高めた成分を開発する等様々な取組みも行なっている。
[公式サイト] http://murakamifarm.com/

※上記は一例です。

農業の仕事を体験する

農業を知るには、やはり体験することが近道です!
受入の門戸が広いことも農業の1つの特徴ですので、まずは一歩踏み出してみましょう。

 参考
・農業インターンシップへ参加する ⇒ 全国新規就農相談センター 農業インターンシップ
・農業の合同説明会へ参加する  ⇒ 「新・農業人フェア」

↑ PAGE TOP