~農業界×大学生の就活情報サイト~

農業界地図ロゴ

農業界の業種一覧 >農業生産

農業界の業種一覧

肥料

 肥料とは、植物を生育させるための栄養分として、人間が施すものです。
 主要な3大要素である窒素(N)、リン酸 (P)、カリ(K)を中心に構成されています。肥料メーカーは、主にこれら肥料の製造・販売を行っています。
 需要が減少傾向にある肥料業界は、業界内での統合の動きが増えています。例えば、丸紅系の「片倉チッカリン」とJA系の「コープケミカル」が2015年10月1日付で合併し、国内最大の肥料会社となりました(2015年10月現在)
 日本では、肥料原料のほとんどを輸入に頼っているため、世界の動向により大きな影響を受けます。平成20年前後には原料価格が高騰し、一時期肥料の需要が下がりました。今は徐々に回復しつつありますが、肥料の3大要素のうちリン酸とカリは高い水準のまま維持されています。 肥料業界ではこの時期をきっかけに、様々な有機資源や未利用資源を使おうという動きが活発になった、と言われています。

事業規模の参照
多木化学(アグリ事業) 売上高 90億円 (2017年12月期・連結)
[ https://www.takichem.co.jp/ir/gyoseki/index.html ]
日東エフシー 売上高 163億円 (2017年9月期)
[ http://www.nittofc.co.jp/ir/financial.html ]
片倉コープアグリ 売上高 373億円/経常利益 13億円 (2018年3月期・連結)
[ http://www.katakuraco-op.com/profile/company.html ]
農業企業インタビュー

実際に働いている方々はどのような仕事をし、どのような想いがあるのでしょうか?
インタビュー記事を読み、ご自身の考えも深めてみましょう!


 片倉チッカリン
 農業生産の中でも重要な役割を担っている肥料業界。 今回は大手肥料メーカーである片倉チッカリン株式会社 次長 鈴木康夫さん(写真左)と、課長補佐 鈴木邦彦さん(写真右)にお話を伺いました。



↑ PAGE TOP