農業界地図ロゴ

アグリベンチャー大学校2021【学生向け研修】 募集中!

実践者の講義&視察を通して、農業経営力を高めましょう!ただいま参加者募集中です!
*主催は(株)パソナ農援隊さんです。当社は運営のお手伝いをする形で関わっています。

目的

研修のコンセプトは、「イノベーション」と「人脈」。
農業経営の基礎知識を養うための講義・視察・グループワーク等の実施はもちろん、これらを通し、農業界および社会で役立つスキルを身に着けます!

対象者

● 農業界で活躍するための知識を学びたい学生
● 先進経営者や未来の農業を担う仲間とつながりたい学生
● これからの農業を考える場所を学校の外で体験したい学生

参加費

無料! ① 受講料
② 研修中の宿泊費
③ 研修中の視察先への移動費(例:貸切バスの費用等)
ご負担ください ① 集合場所までの交通費、および、解散場所から帰路の交通費
② 食費(金額はエリア毎にお知らせします。事前振込みへのご協力をお願いします)

締め切り

●リアル開催の場合・・・各開催日の1週間前まで
●オンライン開催の場合・・・各開催日の前日まで
※定員に達し次第終了。


お知らせ

※コロナの状況を鑑み、基本的に全て【オンライン開催】に変更しました。
※その上で、状況が改善しましたら、リアル開催も実施します。その場合は、オンライン参加・リアル参加のどちらでも参加が可能です。


全体スケジュール・詳細・お申込み 募集中!

全国ブロック

エリア 開催地 日程 募集〆切
北海道
終了しました
オンライン 8/4(水)~5(木) 8/3(火)
東北
終了しました
オンライン 8/17(火)~18(水) 8/16(月)
関西
詳細
オンライン 9/11(土)~12(日) 9/10(土)
★募集中!
申込フォーム
中四国
詳細
オンライン
(リアル開催の場合は高知県)
10/16(土)~17(日) 10/9(土)
★募集中!
申込フォーム
九州
詳細
オンライン
(リアル開催の場合は熊本県)
11/20(土)~21(日) 11/13(土)
★募集中!
申込フォーム

東京カンファレンス

エリア 開催地 日程 募集〆切
東京
詳細
オンライン 12/14(火)~17(金)
※日程変更の可能性あり。
12/7(火)
★募集中!
申込フォーム

ファシリテーター

当研修の全ての回に参加し、皆さまの学びをお手伝いします。

● 宮武 裕右 氏
[株式会社トリ風土研究所 代表取締役]
【公式サイト】 http://www.torifood.jp/
2004年現:(株)リクルートジョブス入社。広告業に携わった後、2013年株式会社トリ風土研究所、設立。食育事業を展開。その後一次産業の加工品開発、販売促進、PRサポート業務に従事。コロナ渦において、生産者の新規事業としてのECサイトを活用した直販事業を支援。コンセプトを明確にしストーリー性を伝えることで0⇒月間1000万円の売上を記録する等の実践事例をもつ。

各地域の詳細&お申込み

北海道 ★オンライン開催に変更

講師紹介 終了しました

詳細
● 長岡 淳一 氏
[株式会社ファームステッド 代表取締役]
【公式サイト】 https://farmstead.jp/
1976年北海道帯広市生まれ。2013年「地方にこそデザインを」をコンセプトとした、株式会社ファームステッドを設立。農業と食と地域をデザインブランディングで発信するモデルを作り、現在は日本全国からの依頼を受け、ブランド戦略のトータルプロデューサーとして活躍中。 講演活動も多数実績有り。グッドデザイン賞など受賞歴も多数。令和3年度6次産業化エグゼクティブプランナー。 著書に「農業をデザインで変える」「農と食と地域をデザインする-旗を立てる生産者たちの声」。
● 本山 忠寛 氏
[本山農場 4代目]
【公式サイト】http://motoyamafarm.com/
北海道で4代続く畑農家。道立農業大学校へ進学、卒業後に就農(20歳)、本山農場のトマト部門を担当する。就農直後から地元4Hクラブに所属し、プロジェクト活動に専念。2012年に自社ブランドMARUMO本山農場を立ち上げ、直販事業を展開するとともに、収穫体験等を通して消費者に日本農業に対する理解を深めてもらう活動を行う。2017年より本山農場4代目当主となり農福連携等、農場の社会的価値の向上に努める。旗印としての自社のブランドロゴを取り入れ、社員教育にも力を注ぐ。
● ふらのジャム園/有限会社 共済農場
【公式サイト】https://www.furanojam.com/
・設立:1974年(昭和49年)
・共済農場は個人の農場ではなく、全国の会員様からなる会員制の農場です。
・事業内容:農産物の生産及び販売、ジャム・その他農産加工食品の製造及び販売、直営店舗とアンパンマンショップふらの店の運営
(※文章は公式サイトより、画像はパンフレットより引用)
● 株式会社 三浦農場様
【公式サイト】https://miura-farm.com/
・スマート農業を実践し北海道の未来をつくる農場
・その道のスペシャリストから誰もが活躍できる農業へ
経験を生かした三浦農業独自の業務マニュアルの他にも、大学や企業とともにロボットトラクター運用システム開発に携わるなど、すべての人が積極的に農業に関わっていくことができる、農業で活躍できる次世代の農業をつくるため、今も未来に向けて一歩ずつ歩みを進めています。
(※文章とが画像は公式サイトより引用)
 

東北 ★オンライン開催に変更

タイムテーブル・講師紹介 終了しました

詳細

● タイムテーブル(PDF)※8/10更新

【講義テーマ】「りんご農家発!スマート農業」(仮)

★ 森山 聡彦 氏
[もりやま園㈱ 代表取締役]
【公式サイト】 https://moriyamaen.jp/
●青森県弘前市で100年以上続くりんご園の4代目・森山聡彦さんは、2015年の法人化を機に、自社の8.7haという大規模経営を円滑に経営するために、また、担い手減少等の課題に直面する産地を維持するために、果樹に特化したクラウドアプリケーション「Ad@m」(アダム/Apple Data Application Manager)を開発。その技術を基に、現在は農業経営を支援するアプリ「Agrion」 と「Agrion果樹」を共同開発し実装している。(写真中央:QRコードで読み取る装置。リンゴの樹1本1本に取り付ける)。また、令和2年後より国の事業である「スマート農業 実証プロジェクト」に参画している。
●スマート農業の導入のほか、摘果したりんごを原料にした「テキカカシードル」の製造にも成功。「捨てる作業」を「モノづくり」に転換する新しい発想で、気象に左右されない商品を生み出し、通年雇用も生み出している。
●受賞歴(*記載ほか多数)
・2015年9月:弘前商工会議所青年部主催 第二回HIROSAKIビジネスアイデアコンテスト 準グランプリ「テキカカ・シードル」
・2018年3月:日本農業新聞営農技術アイデア大賞 優秀賞「リンゴ1本ごとの管理アプリ「Ad@m」
・2020年3月:第21回果樹技術・経営コンクール 農林水産大臣賞
【講義テーマ】「震災からの復興。新たな農業経営と6次産業化」(仮)

★ 加藤 絵美 氏(写真右)
[㈱カトウファーム 専務取締役/フリースタイル農家/4児の母]
【公式サイト】 http://katofarm-f.jp/
【醸造所】 https://yellowbeerworks.com/
●夫の晃司さん(写真左)とともに、晃司さんの祖父の跡を継ぐ形で2009年に稲作専業農家として就農。 2011年に東日本大震災が発生。一時県外へ避難するも、福島で農業をすることを決意し、同年から作付けを始める。
●2012年よりお米のネット販売を開始し、2014年に法人化。2017年に「GLOBALG.A.P.」を取得。2018年に「B-eat JAPAN」(福島の食の魅力を国内外に発信することを目的とした団体)を立ち上げ、ベトナムやフランス等でお米やにぎりを販売するイベントを開催。2020年にはクラフトビールの醸造所「Yellow Beer Works」を開業。
●震災後、福島の農業活性・復興、農閑期の仕事創出、人材育成、等を目指した活動に積極的に取り組む。就農当時10haから始まった稲作だが、現在は50haを超える規模になっている。
[お米とビールの写真は公式サイトより拝借]
【講義テーマ】「施設トマトを軸にした”体験型”ファームとは?!」(仮)
★ 株式会社ワンダーファーム
【公式サイト】http://www.wonder-farm.co.jp/
●ワンダーファームでワンダーな体験を! 食、収穫、お買い物が楽しめる、注目の「体験型」ファームです。 【事業内容】農産物加工販売事業(トマトジュース・ドレッシング等)、物販事業(直売所の運営)、飲食事業(レストラン運営)、体験事業
[※文章および画像は公式サイトより引用]
●当日は、講義のほか、オランダ型のハウス(作目:トマト)からの現地中継も実施予定です。
●加えて、『CROSS WONDER DINING』の方にもご登場いただき、農業法人と飲食店が連携したきっかや、連携することで生み出される効果や可能性などもお話いただく予定です。
参考①:「CROSS WONDER DINING」公式サイト ▶クリック
参考②:「震災十年 農×食の挑戦 福島のスター生産者とシェフのコラボ」▶クリック
 

関西 ★オンライン開催に変更

詳細

● タイムテーブル(PDF)

お申込み 募集中!

●【関西(兵庫県)】お申込みフォームへ(*パソナ農援隊WEBページへリンク)
【定員】20名(※定員に達し次第終了)

講師紹介

● 原 智宏 氏
[株式会社 アグリヘルシーファーム 代表取締役]
【公式サイト】 https://agri-hf.jp/agri/
 兵庫県丹波篠山市にて、約80haの経営面積でお米と黒豆を中心とした農業法人の代表取締役を担う。
 22歳で就農。当時は農事組合法人であったが、27歳の時に先代である実父の死去に伴い代表理事に就任。その後、株式会社に組織変更し代表取締役に就任。
 就農当時は「きつい、汚い、給料安い」というイメージだった農業も、自分で値段をつけて直接お客様に食べていただき美味しいという声が聞こえるやり方に変えてから、イメージも大きく変わった。 近年はIT企業と連携し「スマート農業」にも取り組んでいる。
● 関澤 征史郎 氏
[浅小井農園株式会社 代表取締役]
【公式サイト】 http://asagoi.com/
1981年生まれ 兵庫県出身。 2003年立命館大学文学部卒業。 みずほ銀行で大企業・中堅中小企業担当・融資課長等を歴任後、2018年に退職し農業の道を志す。同年、農業研修先として浅小井農園に入り創業者である松村氏と出会う。
2020年10月第三者承継により当社代表取締役社長に就任。
● 太場 次一 氏
[デジタルハリウッド大学 教授]
【公式サイト】 http://katofarm-f.jp/
インターネット黎明期よりWeb コンテンツの企画プロデュースや運用コンサルティングを手がける。 2000 年から 株式会社アイ・エム・ジェイの常務取締役を3期6年間務め IPO を経験。 その間、楽天、カルチャーコンビニエンス、ソニースタイル、東急リバブルほか数多くのコンサル業務に携わる。現在はデジタルハリウッド大学にて学生起業家育成を目的とした「ベンチャー特論」授業を受け持つ講師を務めるとともに、民間企業、自治体、農業大学校等と連携し、農業経営者育成のための教育コンテンツシステム開発を行っている。

お申込み 募集中!

●【関西(兵庫県)】お申込みフォームへ(*パソナ農援隊WEBページへリンク)
【定員】20名(※定員に達し次第終了)

 

中四国(基本オンライン/リアル開催の場合は高知県)

詳細

● タイムテーブル※リアル開催の場合(PDF)

お申込み 募集中!

●【中四国(高知県)】お申込みフォームへ(*パソナ農援隊WEBページへリンク)
【定員】20名(※定員に達し次第終了)

講師紹介

● 太場 次一 氏
[デジタルハリウッド大学 教授]
【公式サイト】 http://katofarm-f.jp/
インターネット黎明期よりWeb コンテンツの企画プロデュースや運用コンサルティングを手がける。 2000 年から 株式会社アイ・エム・ジェイの常務取締役を3期6年間務め IPO を経験。 その間、楽天、カルチャーコンビニエンス、ソニースタイル、東急リバブルほか数多くのコンサル業務に携わる。現在はデジタルハリウッド大学にて学生起業家育成を目的とした「ベンチャー特論」授業を受け持つ講師を務めるとともに、民間企業、自治体、農業大学校等と連携し、農業経営者育成のための教育コンテンツシステム開発を行っている。
● 株式会社四万十ドラマ
[株式会社四万十ドラマ]
【公式サイト】 http://shimanto-drama.jp/
●スマート農業実践者(※調整中)

●スマート農業実践者(※調整中)

お申込み 募集中!

●【中四国(高知県)】お申込みフォームへ(*パソナ農援隊WEBページへリンク)
【定員】20名(※定員に達し次第終了)

 

九州(基本オンライン/リアル開催の場合は熊本県)

詳細

● タイムテーブル※リアル開催の場合(PDF)

お申込み 募集中!

●【九州(熊本県)】お申込みフォームへ(*パソナ農援隊WEBページへリンク)
【定員】20名(※定員に達し次第終了)

講師紹介

● 阿部 寛樹 氏
[有限会社阿部牧場 代表]
【公式サイト】 https://asomilk.com/
「牛づくりは草づくり、草づくりは土づくり」をモットーに、牛たちにいかにいい食事を与えることができるかにこだわって牛の飼育を行っています。阿蘇の大地で良質な牧草作りを行い、東京ドーム30個分にも及ぶ大草原で牛の飼育を行っています。2021年4月より阿蘇市はな阿蘇美の運営を開始し、チーズ製造・菓子製造などの新規事業を開始し、阿蘇の農作物を活用したカフェ・レストランの運営も行っています。
※調整中
※調整中

お申込み 募集中!

●【九州(熊本県)】お申込みフォームへ(*パソナ農援隊WEBページへリンク)
【定員】20名(※定員に達し次第終了)

 

東京カンファレンス ※日程変更の可能性あり

詳細

● タイムテーブル※リアル開催の場合(PDF)

お申込み 募集中!

●【東京カンファレンス】お申込みフォームへ(*パソナ農援隊WEBページへリンク)
【定員】80名(※定員に達し次第終了)

講師紹介

※調整中

※調整中

※調整中

※調整中

お申込み 募集中!

●【東京カンファレンス】お申込みフォームへ(*パソナ農援隊WEBページへリンク)
【定員】80名(※定員に達し次第終了)


お問い合わせ

株式会社パソナ農援隊(担当:石井・名塚・大井)
【住所】東京都千代田区大手町2-6-2
【電話】03-6734-1260
【メール】gakusei◆pasona-nouentai.co.jp(※◆を@に変換してください)